メタボ対策

メタボリックシンドロームと高血圧・糖尿病

メタボリックシンドロームとは

メタボはメタボリックシンドロームの略称ですが、正式には内臓脂肪肥満と高血糖か高血圧、あるいは脂質異常症のいずれかを2つ以上合併している状態を表しています。

 

日本で良く知られている基準は、男性の腹囲が85センチ以上で、女性が90センチ以上だけではなく、さらに血圧が130/85mmHg以上で、中性脂肪が150r/dl以上であるかHDLc40/dl未満、もしくは血糖値が110mg/dl以上を2つ以上満たしているとメタボと判断されています。

 

これは日本独自の基準で国際基準とは違いますが、自覚症状が乏しいので、健康診断などで発見される事が多くなっています。肥満がある場合は、食事からの摂取量やカロリー、あるいは栄養の偏りが考えらえますので、高血圧や糖尿病を併発している可能性は否定できません。

 

メタボと高血圧の関係

まず高血圧との関係ですが、内臓脂肪が多いとレプチンやアンジオテンシノーゲンと呼ばれる物質が分泌されて、血圧を上げる作用がありますから、血管にダメージが起きる事があります。

 

この傷を修復する物質も内臓脂肪分泌されますが、メタボになると修復する物質が分泌されにくくなり、修復が遅くなります。ですので血管のダメージが多くなり障害を発生させる可能性は否定できません。

 

血圧が高ければ、血管に負担がかかりますし硬化が進むと血管が細くなるため、血液を通して栄養や酸素が送りにくくなったり、詰まってしまう原因になるでしょう。解消するには、塩分の取り過ぎを抑制したり、内臓脂肪を燃焼させることが大切です。
高血圧と食事についてはこちらの血圧を下げる方法も参考にしてください。

 

糖尿病とメタボの関係

糖尿病は、血液中のブドウ糖をうまく利用できないので、血液中に多く存在している状態になります。通常はインスリンが作られて、ブドウ糖を処理していきますが、すい臓が何らかの関係でインスリンを必要量作れない状態です。

 

糖尿病になると、最悪失明したり、神経障害や動脈硬化などを引き起こしていきます。肥満状態では、カロリーの過剰摂取が考えられますので、糖分も過剰である可能性はありますから、メタボと高血圧や糖尿病は関係していると言えるでしょう。

メタボ解消のための生活習慣の見直し

メタボを解消して行くには生活習慣を改善していく必要があります。一日に消費される脂肪やカロリーが足りない為に内臓脂肪が増えていますから、それを解消しなければいけません。

 

まずは外出することから

社会人になると運動をする機会が少なくなりますので、消費量が不足がちですから、まずは出来る事から始めるのが良いでしょう。いきなり激しい運動をするには、筋肉や骨などに負担をかけてしまいますし、続ける事が困難になりますので、

 

ウォーキングから始めたり、プールで歩く事などから始めるのが良いでしょう。ウォーキングを毎日30分以上行えば、有酸素運動になりますので脂肪も燃焼しやすくなります。

 

取り入れられる運動から始めれば、筋力も向上しますから代謝能力も向上していきます。他にも食生活の改善をする事で、血中のブドウ糖やコレステロールの数値を下げていくのも良いでしょう。

 

野菜や魚中心の低カロリーな食事を

肉中心の食生活であれば、青魚や大豆、あるいは野菜を多く食べる事で、カロリーや脂質の摂取を少なくしていけば、脂肪も減りますから、正常な数値に近づける事が出来るでしょう。

 

飲酒やタバコも辞める事が出来れば、さらに身体の環境は良くなります。飲酒は適量であれば問題なのですが、つまみ類が高カロリーである事や塩分が多く含まれている場合は、カロリーや塩分が少ない食べ物に代替えするのも補法です。

 

バランスの良い食事を心がけながら、適度に運動していけば良い生活習慣になりますので、メタボを解消して行く事が出来るでしょう。